金融・保険 / 知って得する

2022年度のソーシャル・セキュリティー受給額上昇 (5.9%)

[ 今、話題になって居る2022年度に於ける、ソーシャル・セキュリティー受給額の上昇について ]

ソーシャル・セキュリティー受給者には、嬉しいニュースですが、実際には、インフレに依る、消費者物価指数( CPI ) の大きな上昇に依るものです。
( 以下は、米国に於けるソーシャル・セキュリティー・ニュースの一部をご紹介します。)

『 1975年以来、殆どの年で、社会保障の受益者は、その支払い額に対して生活費調整(COLA)を受け取って居ます。ソーシャル・セキュリティー・オフィース (米国社会保障局)によると、 COLAは、都市部の賃金労働者と事務員の消費者物価指数の上昇率に基づいています。

今月初め、米国社会保障局は、2022年のCOLAを5.9%引き上げると発表しました。
この上昇率はここ40年近くで最も大きな上昇率です。其れはここ最近のインフレの上昇が固定収入者の購買力に大きな打撃を与えて居る為です。

比較的大きな増加の理由は、高齢者連盟の調査によると、今年のインフレ率の急上昇(CPIは2021年8月までの1年間で5.3%上昇)により、社会保障給付受益者の購買力が大幅に低下しています。
( CPI = Consumer price index : 消費者物価指数) 』

In most years since 1975, Social Security beneficiaries receive a cost-of-living adjustment (COLA) to their payments.
The COLA is based on the percentage increase in the Consumer Price Index for urban wage earners and clerical workers, according to Social Security.
Earlier this month, the U.S. Social Security Administration said that it will boost the COLA in 2022 by 5.9% —
the most in nearly four decades, as rising inflation puts a big dent in the purchasing power of those on fixed incomes.
The reason for the relatively big increase? Soaring inflation this year — the CPI rose 5.3% over the year ending August 2021 — has deeply eroded the buying power of Social Security benefits,
according to a study by the Senior Citizens League.

https://www.thestreet.com/retirement/how-inflation-hits-social-security-benefits?utm_medium=email&utm_source=sharpspring&sslid=MzczNjIyNDUyMbEwAgA&sseid=MzI2M7EwNja3NAEA&jobid=83a75dbb-0000-4374-897f-877d397163f6

ハワイ州で各種生命保険・個人年金(アニュイティー)・介護保険・401K, IRAロールオーバーなど、各種保険及び、ハワイ州不動産ブローカー・ライセンスを所持し、ハワイ州の不動産売買も取り扱っております。合わせて、ソーシャル・セキュリティー受給申請の際の最も有益な申請の方法などを、個々人やご家庭に合わせてご案内をしております。(NARSSA メンバー: National Association of Registered Social Security Analyst )

  • 登録日 : 2021/11/25
  • 掲載日 : 2021/11/25
  • 変更日 : 2021/11/25
  • 総閲覧数 : 32人