最新から全表示

    • 自慢のサービス / 専門サービス
    • 2021年03月18日(木)

    <タックスリターンは尾崎会計事務所へ>どんな質問もお答えします。

    尾崎会計事務所では、タックスリターンはもちろん、ビジネスから個人まで幅広く対応します。

    IRSから手紙が来た場合、お客様の代表となって代わりに対応します。

    タックスリターン締切日:4月15日
    --------------------------------

    税金に対する質問にお答えします。
    ビザの更新に必要な確定申告など。

    詳しくは下記黄色の電話帳マークをクリックの上、タウンガイドをご覧下さい。

    お問い合わせは、下記[メッセージを送る]、又はタウンガイドの[お問い合わせフォーム]よりお気軽にご連絡ください。

    びびなび見たで$30割引

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2021年03月17日(水)

    日本に銀行口座がある場合、申請が必要と聞いたのですが?

    Q: 日本に銀行口座がある場合、申請が必要と聞いたのですが?

    A:

    口座の合計残高が1万ドル以上ならアメリカ財務省に申請が必要です。
    アメリカ在住で日本の銀行口座を持っている場合、FBAR (Foreign Bank and Financial Accounts)と呼ばれる申請が必要となる可能性があるので、一度確認することが大切です。

    FBAR とは、アメリカ国外の金融機関にある口座情報をアメリカ財務省 (Department ofTreasury)に届け出る制度。アメリカ国外の金融口座の残高の合計が1万ドル以上ある場合に申請の対象となります。

    FBAR は、資産隠しなどによる不当な脱税なの不法行為を見つけ、調査を可能にすることを目的にしています。FBAR 申請の施行は米国国税庁(IRS)が行うため、タックスリターンと混同されがちですが、両者は別もので、申請システムが異なります。期日はいずれも4月15日です。

    なお、未申請の過去分の FBAR を後から申請ることは可能です。タックスリターンでアメリカ国外口座への収入を申請していなかった場合は処が異なります。

    なお、銀行口座だけでなく、投資型保険などの財産が一定金額以上の場合は、FATCA (外国口座税務コンプラアンス法) に基づき、Form8938を提出する必要がありま す。これはタックスリターンと共に提出します。

    詳しくは専門家に相談することをお勧めします。

    会計士 尾崎 真由美

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2021年03月03日(水)

    PPPローン第2弾の申請が始まりました。申請代行は尾崎会計事務所まで

    PPPローン第2弾の申請が開始になりました。
    1月15日に小規模な銀行での申請が始まり、大手の銀行での申請は1月19日から始まりました。

    PPPローン第2弾の申請の条件は下記の通りです。
    ・300人以下の従業員であること
    ・第1期、第2期、第3期または第4期のいずれかの期で25%の売り上げが下がったこと
    ・PPP第1弾を使い切ったこと など

    今回の申請ではPPPローンの受け取り金額を増やすことも可能です。
    第1回目を取得した多くの人は控えめな金額で受け取ったり、受け取ったのに早くに返却したなど
    間違った金額で申請していたり、目いっぱいの金額を受け取っていないことがありました。
    第2弾の申請では前回もらえなかった分も、もらえるように追加で修正申告が可能となっています。

    PPPローンのこともまずは弊社にご相談ください!


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    尾崎会計事務所はマイアミに本社を置く日系会計事務所で全米を対象にサービスを行っております。
    リーズナブルで迅速な対応に定評がございます。
    会計・税務などお困りのことは何でもご相談ください。

    Email:info@toddaccounting.com
    TEL:(877) 827-1040

    • 自慢のサービス / 専門サービス
    • 2021年03月03日(水)

    <タックスリターンは尾崎会計事務所へ>どんな質問もお答えします。

    尾崎会計事務所では、タックスリターンはもちろん、ビジネスから個人まで幅広く対応します。

    IRSから手紙が来た場合、お客様の代表となって代わりに対応します。

    タックスリターン締切日:4月15日
    --------------------------------

    税金に対する質問にお答えします。
    ビザの更新に必要な確定申告など。

    詳しくは下記黄色の電話帳マークをクリックの上、タウンガイドをご覧下さい。

    お問い合わせは、下記[メッセージを送る]、又はタウンガイドの[お問い合わせフォーム]よりお気軽にご連絡ください。

    びびなび見たで$30割引

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2021年04月07日(水)

    PPPローン第2弾の申請が始まりました。申請代行は尾崎会計事務所まで

    PPPローン第2弾の申請が開始になりました。
    1月15日に小規模な銀行での申請が始まり、大手の銀行での申請は1月19日から始まりました。

    PPPローン第2弾の申請の条件は下記の通りです。
    ・300人以下の従業員であること
    ・第1期、第2期、第3期または第4期のいずれかの期で25%の売り上げが下がったこと
    ・PPP第1弾を使い切ったこと など

    今回の申請ではPPPローンの受け取り金額を増やすことも可能です。
    第1回目を取得した多くの人は控えめな金額で受け取ったり、受け取ったのに早くに返却したなど
    間違った金額で申請していたり、目いっぱいの金額を受け取っていないことがありました。
    第2弾の申請では前回もらえなかった分も、もらえるように追加で修正申告が可能となっています。

    PPPローンのこともまずは弊社にご相談ください!


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    尾崎会計事務所はマイアミに本社を置く日系会計事務所で全米を対象にサービスを行っております。
    リーズナブルで迅速な対応に定評がございます。
    会計・税務などお困りのことは何でもご相談ください。

    Email:info@toddaccounting.com
    TEL:(877) 827-1040

  • 1/1
  • 1