ショッピング

拡大

konabayhawaii - YouTube

Kona Bay Hawaii のYouTubeチャンネル「アロハシャツチャンネル」です。

最新「お宝アロハシャツ限定販売!」

Kona Bay Hawaiiは1930〜1955年くらいのヴィンテージ時代と言われる時に作られた、 非常に品質の高いアロハシャツを復元しています。
その時代に行われていた「抜染」という技法でプリントし、 ボタンも高価な貝を使用する等、“本当の本物” メイドインハワイです。

ワイキキのエナロードにあるお店は、現在アポイント制でオープンしています。
アロハシャツ購入に興味のある方は、ご連絡ください。

これからのホリデーシーズンに、質の良いアロハシャツのプレゼントはいかがでしょうか?
アロハシャツの他にも、女性用チュニックドレス、肩掛けバック、手提げバックなども販売しています。
ハワイにお住まいの方はカマアイナ割引します。

https://www.konabayhawaii.com/?fbclid=IwAR2SFHA4y5TMGAjVLBDFL2U7aT5XoWIxEdHMl1S0kAj8Umioth77BJnAYqw



一番最初にアロハシャツがかっこいい、アロハを買ってみようと思った劇的な瞬間は「ビッグウェンズデー」と云う映画を見た時です。
ジャンマイケル・ビンセントと、ウィリアム・カットのアロハシャツの着こなしが、とてつもなくかっこ良く、自分も着てみたいと思いました。

東京では今取引がある「渋谷のレッドウッド」や「渋谷のレミネッセンス」などでちょくちょく買っていました。
それから数十年後アメリカに渡り、サンフランシスコの古着屋でヴィンテージのアロハシャツを買いました。
この時は恐らく自分の中で第二次アロハブーム。
これからはひたすらに、新旧問わずアロハシャツを買いまくりました。

ロスに住んでいる頃は、ツアーの仕事で行ったサンタカタリナ島で、アロハシャツを売っていました。
けっこう洒落た柄が取り揃えてあり、勢いよく買いました。

第三次アロハブームは、「地上より永遠に」でモンゴメリー・クリフトが、誠に見事にアロハシャツを着こなしているのを見てからです。
それからはまた、この映画で使っていた柄を収集するようになりました。
そうこうしているうちに、ハワイ製の品質の悪いことに気づく。60ドル以上のお金を出して、購入しようと云う思いが薄れました。

たまたまアメリカ本土の旅行会社にも慣れ、これからの人生どうしようと思案している頃、「アロハシャツに良いものがないなら作っちまえ〜」と超いい加減なところからスタートしました。
なにせボタンはどこで買えばいいのか、どこで生地を染めるのか、どこで縫うのか、どこに売りに行けばいいのかわからず始めたのだから………。
そんなこんなのところから、今に至る訳で数々の人達に支えていただきながら遂に21年目を迎えました。

今は最高の染め(抜染)を日本で施し、ハワイに船で生地を運び、最高のオイスターシェルのボタンを付け、ハワイで縫い、日本とハワイで販売しています。

2008年にはユナイテッドアローズ、2019年にはフランスのメゾンキツネとも取引きが始まりました。


これから、こんな気持ちのいい元気の出る服があるんだ、またこんなかっこいい服があるんだと、喜んでもらえる物作りを心がけたいと思っております。


Kona Bay Hawaii Store
444 Ena Road, Honolulu, HI 96815
808-223-3390
  • [登録者]Makikiu
  • [言語]日本語
  • 登録日 : 2021/11/02
  • 掲載日 : 2021/11/02
  • 変更日 : 2021/11/18
  • 総閲覧数 : 77 人