J-1 エージェント
セカンドスタディ Second Study TEL: 310-294-2572
info@secondstudy.net

最新コラム

第2回 : 
J-1 Intern/Traineeビザって何?

バックナンバー

第1回 : 
交流訪問者プログラムって何?
第2回 : 
J-1 Intern/Traineeビザって何?

ハワイでの有給研修プログラム

ハワイでよく聞くインターンシップのビザやプログラムについてのご案内です。

2020年 3月 11日更新

第2回 : J-1 Intern/Traineeビザって何?

「ハワイで長期滞在をしてみたい」と思ったことがある方なら、J-1と呼ばれるビザについて一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、J-1ビザの概要についてご案内いたします。

J-1は、米国国務省が監督する「交流訪問者」ビザです。交流訪問者ビザは、外国人がアメリカで長期滞在することで、アメリカの文化や生活習慣などを習得するためのプログラムです。受け入れ側のアメリカの企業や機関も、外国人を受け入れることによって、その国の文化や生活習慣の知識を得ることができます。つまり、お互いの文化や価値観を共有し交流を深めるという目的があるのです。

J-1ビザには、14のカテゴリーが存在しますが、ハワイでは「Trainee」と「Intern」の2つのカテゴリーが代表的でしょう。一般企業で実務研修をしたいという社会人の候補者は「Trainee」カテゴリーで申請します。また、学生や新卒の候補者は「Intern」というカテゴリーでの申請となります。

この2つのカテゴリーで申請した方は、アメリカでの生活と企業でのフルタイムの実務研修を通じ、アメリカの文化や生活習慣、ビジネスマナー、実務英語などを習得することができます。また、ソーシャル・セキュリティー・カードが取得でき、受け入れ先からの報酬を受け取ったり、現地運転免許の取得をしたりすることも可能になっています。

J1ビザを取得するためには、まず滞在許可証(DS2019)を取得することが必要です。
滞在許可証(DS2019)は、米国国務省が認可する団体(ビザスポンサー団体と呼びます)が発行するもので、この滞在許可証を持参して大使館面接を受けることになります。

ちなみに、「Trainee」と「Intern」以外のカテゴリーには、大学での研究員や教授、医者、高校生や大学生の交換留学生などがあります。高校生や大学生の頃にJ-1ビザを取得され、社会人になってから、再度J-1 TraineeのプログラムでJ-1ビザを申請される方も珍しくないのです。

2020年 3月 11日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@secondstudy.net

Columnist's Profile

J-1 エージェントセカンドスタディ(Second Study)

ハワイとカリフォルニアを中心に、J-1交流訪問者プログラムに参加される方のサポートをおこなわせていただいております。これまでのサポート数は2000名以上。豊富なサポートデータからお客様のご確認されたい情報を提供させていただきます。ぜひ弊社にお任せください。

Second Study

15303 Ventura Blvd #900, Sherman Oaks, CA, 91403
TEL:
310-294-2572
EMAIL:
info@secondstudy.net

Second Study について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES