知って得するハワイ不動産の基礎知識! - 投資物件から商業不動産まで -

このコラムでは、ハワイでの不動産購入に役立つ情報を提供いたします。住居用や投資物件はもちろん、起業に際し拠点づくりをサポート。不動産の選定から、確保、開業までをプロの視点と言葉でアドバイスします。

2017年 5月 4日更新

第16回 : 2017春:ハワイ不動産最新事情

世界が注目する「カカアコ地区新規プロジェクト」

アロハ!スターツハワイの池田多聞です。常夏のハワイでも、春の訪れをいろんなことで感じます。雪鳥と呼ばれ、避寒で長期滞在していたカナダ人や本土の方が帰り、クジラたちも子供を増やしアラスカへ帰ります。ハワイ州鳥はネネ、魚はフムフムヌクヌクアプアプアです。そしてこのたび、ハワイ州のスナックとして“シェイブアイス”が公認されました。オバマ元大統領が、滞在の度に、シェイブアイス屋に寄る姿がテレビで全米に映り、カイルアの店「アイランド・スノー」は一日中長蛇の列。ふわふわ感のある氷が良いのですが、地元では自宅でカキ氷を作る習慣はなく、カキ氷機が販売されていません。ですから、日本から持ってきた手動のカキ氷機は子供のパーティーで大人気でした。シロップはお店でも売っているので、夏に向けてお土産にも良いのではないかと思います。カラフルなフレーバーも楽しいです。

ハワイには多様な観光客が訪れます。コナのリゾート地は白人ばかりですが、最近はカナダや米国本土の方ばかりでなく、ドイツやイタリア、そして旧ロシア圏のしかも若者が多くなり、多様化を感じました。キラウエア火山が活発で、溶岩の海への流れが、間近に観れるので(本当に活きてる大地に感動します!)自然派の若者が増加している様子。マヌアケアの山頂満天の夜空は車でも行けるので、体力に自信のない方にもオススメです。東京からのコナ直行もハワイアン航空が6年ぶりに復活させてくれたので、ぜひ皆さんお試しを!ハワイアン航空は業績も良く、アジア便を強化していてソウル便もあり。ワイキキだと日本人が多く感じますが、今年は何と言っても韓国人の勢いがあります。ソウル直行便が4社も出て、不動産市場にも影響は大です。しかし、韓国、中国、その他アジアを含めた観光客数より、まだ多い日本人比率は全体の18%。ちなみに米本土からが65%です。

好調なホテル業と売り手市場の不動産

ホテル業も好調で、2月には州全体で83.6%の稼働率を誇っています。室料は4%アップし、今後も大規模な経済ショックが起きない限り、健全に向上する予想です。特に高級志向が高まる傾向で、高級ホテルが多いハワイ島では、室料が5%アップしました。それでも、お金を使う米国ベビーブーマー層は本当に元気で、富裕層ばかりに見えます。トランプ大統領の景気対策は前向き開始。日本人も、テロ脅威などでヨーロッパ等を諦めて、その予算で長期豪華滞在が増え、リッツやトランプなど台所付き高級ホテルが人気だそうです。

オアフ島不動産取引中間値も戸75万ドル、コンドミニアムは40万ドルと、まだ上昇中。取引件数は増え、在庫は減り、明らかに売手市場です。日本からの投資も為替の落ち着きもあり、様子見より前進の方が増え、リピート購入者も目立ちます。世界中からハワイの価値を認めてもらえるのはありがたく、今冬の50万ドル以下のホテルコンドは文字通り“飛ぶように売れた”と言える位です。資産分散を進める外国人投資家は現金購入が主ですが、外国人でも地元ローン購入額7割までは大抵出ます。ただ、米国金利は日本に比べ高く、ハワイ物件に貸出を行う日本の金融機関が増えているので、日本で資金調達して購入される方が増えました。以前は日本からの現金購入者は強かったのですが、最近は競争購入なので、エスクロー入り後、円での残高証明では信用してもらえず、送金を早めるように売手から指示されたりしました。一方、2ミリオンドル以上の高級物件市場は在庫が増え、買手市場です。高級市場では、中国人投資で高騰した都市バンクーバーやシドニーの不動産売却で得た資金をハワイで、という高級物件購入も目立つようになり、世界都市の不動産と比較したらハワイの海眺め物件はお買得のようです。アラモアナ・ショッピングセンター内に完成したパークレーンの、決済と同時に1ミリオンドル以上乗せた売出し再販物件の動きなどにも注目です。

鉄道計画も進んでいますが、ホノルルではバイクシェア(乗合自転車)が市内100箇所にでき、自転車専用レーンもカカアコ、モイリリで進んでいます。最近の高級コンドは電気チャージャー付きなので、富裕層は電気自動車を持ち、車を持たない庶民にもウーバーが便利になってきているので、ホノルルのエコ化が進むのと良いですね。天候だけでなく、風があり、空気が良いのがハワイの売りですから、自転車で快適に街探索ができるようになります。

6月16日と17日には東京セミナーと相談会も行います。 詳しくはHPや東京本社で。ご縁を大切に、アロハ精神で皆様もお元気で。

マハロ~!

2017年 5月 4日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@startshawaii.com

Columnist's Profile

Management ExecutiveTamon Ikeda(Starts International Hawaii, Inc.)

高校時代から芸能活動を始め、明治大学入学直前にとんねるずの舎弟(当時は一応アイドル)となる。その後、大学を休学してオーストラリアに渡り、鉄板焼きシェフとして同国の永住権取得。大学を卒業後、全日空ビルディングに入社し、入社3年目にLAに赴任し商業不動産開発を手掛ける。1997年にLAからハワイに赴任し、ワイキキ商業ビル(当時のANAビル)の総責任者を10年勤める。現在、総合不動産会社、スターツハワイにて商業不動産の全般を担う、米国での不動産事業に25年携わる。

Starts International Hawaii, Inc.

1953 South Beretania Street, Suite PH-C, Honolulu, Hawaii 96826
TEL:
808-947-2280
FAX:
808-947-2292
EMAIL:
info@startshawaii.com

Starts International Hawaii, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。