Management Executive
Tamon Ikeda Starts International Hawaii, Inc. TEL: 808-947-2280
info@startshawaii.com

最新コラム

第20回 : 
ハワイで家を買う!購入の基礎 <おまけ>

バックナンバー

第1回 : 
ハワイ不動産へようこそ
第2回 : 
ハワイ不動産、ここに気をつけて
第3回 : 
ハワイ不動産、日米の違い1
第4回 : 
ハワイ不動産、日米の違い2
第5回 : 
Q&A
第6回 : 
ハワイ不動産、許認可事情
第7回 : 
ハワイ不動産の契約締結に際して
第8回 : 
ハワイ不動産 ~ビジネスのクローズについて~
第9回 : 
ハワイ不動産 Q&A 2
第10回 : 
ケーススタディー前編~レストラン開業~
第11回 : 
ケーススタディー後編~レストラン運営~
第12回 : 
2017年の展望
第13回 : 
ハワイ“住活”のススメ!好調な不動産市況が後押しに
第14回 : 
“日本人のための”ハワイ不動産の魅力1 ~広がる選択肢。中古物件から新築高層コンドまで~
第15回 : 
“日本人のための”ハワイ不動産の魅力2~“Live –Work-and Play”カカアコ地区新規プロジェクト~
第16回 : 
2017春:ハワイ不動産最新事情
第17回 : 
好景気に沸くハワイ。観光も不動産も引き続き好調
第18回 : 
ハワイで家を買う!不動産購入の基礎その1
第19回 : 
ハワイで家を買う!不動産購入の基礎その2
第20回 : 
ハワイで家を買う!購入の基礎 <おまけ>

知って得するハワイ不動産の基礎知識! - 投資物件から商業不動産まで -

このコラムでは、ハワイでの不動産購入に役立つ情報を提供いたします。住居用や投資物件はもちろん、起業に際し拠点づくりをサポート。不動産の選定から、確保、開業までをプロの視点と言葉でアドバイスします。

2017年 7月 17日更新

第17回 : 好景気に沸くハワイ。観光も不動産も引き続き好調

夏本番!観光・ビジネス客で大いに賑わうハワイ

アロハ~!スターツハワイの池田多聞です。夏の突入を彩る独立記念日が過ぎ、いよいよ夏到来です。独立記念日は、野球選手のソックスから子供の洋服、小物まで星条旗柄だらけ。どの国も政治家が上からまとめようとすると大変ですが、愛国心が庶民レベルから勝手に盛り上がるアメリカは、やはり凄いです。“旗日”が無くなったと言われる日本と大違い。今年も天気がよく、バーベキュー日和で、アラモアナ公園の花火で、多くの人がHappy July 4thを祝いました。

さて、ハワイの子供達は6月から夏休みなので、7月は旅行から戻る地元の家族と夏旅行で訪れる本土の人や日本人で空港は大忙し。ホノルル国際空港(HNL)からダニエル・K・井上国際空港への名称変更は、日本でも大きく報じられたようですね。エリック・鬼塚センターも、コナ空港からホノルルの日本文化センターに移動し、より多くの方に親しんでいただけそうです。空港や道路の名称になるような功績のある日系人が多いのは喜ばしいですね。現州知事が日系人なのもハワイだけ。夏休み前でも、日本から毎日5千人以上が空港に到着しています。

日本人が多いと思われますが、全体の観光客割合では18%。アメリカ本土から65%です。アメリカ、特にカリフォルニア州の景気の良さで、観光業も快調。観光だけでなく、州はMCI(Meetings, Conventions and Incentives)市場に力を入れています。去年は、46万人もの会議/インセンティブ旅行者が訪れて、この層はリピーターになる確率が高いそうです。日本企業のインセンティブ旅行も増加。またアメリカには家族同伴の社員旅行もあり、社員確保や企業業績向上に一役買っているそうです。Wi-Fi環境さえ整えば、日米の間でビジネス会議もはかどります。そしてコンベンション・センターでは、可動式スポーツ床を導入し、先日はバスケットボール大会を成功させ、スポーツ・トーナメントの誘致も活発化しています。いろいろな大会や会議をハワイの自然の下で行ったら、平和ですね!

好調なハワイ不動産。戸建て中間値は去年比で4.6%UP!

昨今のワイキキ内改装や発展は目覚ましいですが、コオリナのホテルが増えています。アトランティスの1300室の着工も始まりました。そしてエバでは、長谷工が人工ラグーン周辺に、2万平米の商業施設、ホテル、コンドの計画を発表しています。鉄道計画だけでなく、オアフ全体で活気ある前向きな工事現場が目につきます。そのオアフ島戸建中間値は6月に79万5000ドルと過去最高続伸を記録。去年比では4.6%アップです。2020年には100万ドルに達する予想で、中古も20年で倍になり上がり続けています。片や、20年前と変わらず、4千万円内で郊外戸建新築が買える日本とは大差ある市況です。もちろん家賃も上がり続けています。2寝室の賃料中間値は2120ドル/月で、ホノルルは、全米5位高でした(1位はサンフランシスコで、以下ほぼカリフォルニア州)。ちなみに、オアフ島ホテルの占有率は84%、宿泊費は228ドルで、全米一です。観光業が好調で、収入も予想上のホテルコンドへの投資は、節税対策者も多く人気です。無論、ホテルが増えず、規制も厳しいので、古くても短期賃貸可能な、良管理のコンドミニアムは安心です。

住宅でなく農地の区分所有で、ドールのパイナップル畑跡を農地コンドミニアムにする計画が発表されました。砂糖きびもパイナップルも、事業としては厳しいですが、共同運営などで少しかかわりたいという個人需要はありますね。僕も、先日、カイムキ戸建住の友人から、庭で採れすぎたというマンゴーを頂き、本当に美味しくて、戸建の管理はできないけど、マンゴーの木だけ欲しい、育ててみたい〜と思いました。昨日の地元紙で州人口の17%が65歳以上」と報じられましたが、4年前に高齢者人口が25%超えた日本から見れば、まだまだ若い。年間人口減30万人の日本と違い、出生率も上がっていて人口増です。高齢者を含め、皆で農地を共同で使えば、もっと笑顔で長生きしそうですね!

最後に、誰もが笑顔になる赤ちゃん誕生のニュースをお届けしましょう。上野のパンダに負けない話題は、ハワイアン・モンク・アザラシのワイキキビーチ沖での出産です。人の多いビーチでの出産はとても珍しく、子供を守る本能が強いので、接近禁止範囲を広げ、皆でこの“カイマナ”と名付けられた赤ちゃんの成長を見守ります。傷つける行為には、即5万ドルの罰金が科せられます。お母さんの授乳姿は美しく、赤ちゃんも目に見えて成長し、体重は1週間で約20キロになって、海にも近づくようになりました。1カ月以内には、70キロまで増え、自力で海に出て行くようです。自立が遅いと言われる日本の若者も、最近は関空=ハワイの片道が149ドル〜と信じられない就航値が格安航空会社から出たそうなので、ぜひこの機会にハワイを体験して欲しいですね。弊社では、来月に東北の被災地の子供達の招待旅行を行います。デフレと人口減が進む日本の若者にとって、My Homeを購入するのは難しいかもしれませんが、ぜひ夢のような美しいハワイで、夏を楽しんでください。まずは、週末に各地で行われる“盆ダンス”の輪に入って、ぜひ一緒に踊ってみてくださいね。

マハロ!

2017年 7月 17日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@startshawaii.com

Columnist's Profile

Management ExecutiveTamon Ikeda(Starts International Hawaii, Inc.)

高校時代から芸能活動を始め、明治大学入学直前にとんねるずの舎弟(当時は一応アイドル)となる。その後、大学を休学してオーストラリアに渡り、鉄板焼きシェフとして同国の永住権取得。大学を卒業後、全日空ビルディングに入社し、入社3年目にLAに赴任し商業不動産開発を手掛ける。1997年にLAからハワイに赴任し、ワイキキ商業ビル(当時のANAビル)の総責任者を10年勤める。現在、総合不動産会社、スターツハワイにて商業不動産の全般を担う、米国での不動産事業に25年携わる。

Starts International Hawaii, Inc.

1953 South Beretania Street, Suite PH-C, Honolulu, Hawaii 96826
TEL:
808-947-2280
FAX:
808-947-2292
EMAIL:
info@startshawaii.com

Starts International Hawaii, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。