Management Executive
Tamon Ikeda Starts International Hawaii, Inc. TEL: 808-947-2280
info@startshawaii.com

最新コラム

第29回 : 
不動産中間価格は70万ドル後半に。秋のハワイ不動産ニュース!

バックナンバー

第1回 : 
ハワイ不動産へようこそ
第2回 : 
ハワイ不動産、ここに気をつけて
第3回 : 
ハワイ不動産、日米の違い1
第4回 : 
ハワイ不動産、日米の違い2
第5回 : 
Q&A
第6回 : 
ハワイ不動産、許認可事情
第7回 : 
ハワイ不動産の契約締結に際して
第8回 : 
ハワイ不動産 ~ビジネスのクローズについて~
第9回 : 
ハワイ不動産 Q&A 2
第10回 : 
ケーススタディー前編~レストラン開業~
第11回 : 
ケーススタディー後編~レストラン運営~
第12回 : 
2017年の展望
第13回 : 
ハワイ“住活”のススメ!好調な不動産市況が後押しに
第14回 : 
“日本人のための”ハワイ不動産の魅力1 ~広がる選択肢。中古物件から新築高層コンドまで~
第15回 : 
“日本人のための”ハワイ不動産の魅力2~“Live –Work-and Play”カカアコ地区新規プロジェクト~
第16回 : 
2017春:ハワイ不動産最新事情
第17回 : 
好景気に沸くハワイ。観光も不動産も引き続き好調
第18回 : 
ハワイで家を買う!不動産購入の基礎その1
第19回 : 
ハワイで家を買う!不動産購入の基礎その2
第20回 : 
ハワイで家を買う!購入の基礎 <おまけ>
第21回 : 
2017年を振り返って。ますます賑わうハワイ最新事情
第22回 : 
暮らすようにハワイに滞在する観光客が増加
第23回 : 
2018年春。ハワイ不動産最新事情
第24回 : 
夏のハワイNews!豪邸が売れるハワイ島不動産
第25回 : 
秋のHawaii News! ~観光業好調。リピート購入者も多い不動産~
第26回 : 
2019年。新築物件が続々登場!ハワイ不動産最新情報
第27回 : 
2019年。ニュース満載!春のハワイ不動産最新情報
第28回 : 
高級化が進むアラモアナ。夏のハワイ不動産はまだまだ熱い!
第29回 : 
不動産中間価格は70万ドル後半に。秋のハワイ不動産ニュース!

知って得するハワイ不動産の基礎知識! - 投資物件から商業不動産まで -

このコラムでは、ハワイでの不動産購入に役立つ情報を提供いたします。住居用や投資物件はもちろん、起業に際し拠点づくりをサポート。不動産の選定から、確保、開業までをプロの視点と言葉でアドバイスします。

2019年10月 15日更新

第29回 : 不動産中間価格は70万ドル後半に。秋のハワイ不動産ニュース!

空き地がファーマーズマーケットや公園に!

アロハ!スターツハワイの池田多聞です。9月からCostco(コストコ)でも、ハロウィーンを通り越して、クリスマスの商品が並んでいます。ネット店に対抗する早めの商戦でしょうか。店舗減少の傾向にある一方で、地元農産物を直売りするファーマーズマーケットは、その数35か所以上と、場所も時間も拡大しています!弊社代表の畑によれば、ファーマーズマーケットでヤシの実を買うのが週末のもっぱらの楽しみだそうで、無造作にトラック荷台で大量に運ばれる実は、早くマーケットに行かなければ売り切れてしまうとか。確かに、その場でお兄さんが力強く割ってくれるデモンストレーション含めて5ドルはお得ですね。ココナッツウォーターはその場で飲みほし、内側の白い部分を袋に入れて持ち帰り、刻んでサラダや料理に混ぜて頂くそうです。ワイキキ内でも空き地を利用し、夕方からファーマーズマーケットが開催されているので、ぜひ地元の農産物を楽しんでください。ちなみに、ケールは大きな葉が10枚ほどで3ドル!スムージーにオススメだそうですよ!

ワイキキ内の空き地といえば、ロイヤルクヒオの山側3万3000スクエアフィート(930坪)は、市が公園目的で、収用後も10年放置されていましたが、ようやくロータリークラブの寄付金で造成が始まることになりました。市内の空き地利用は進み、政府によるシニア賃貸住宅開発等が次々発表される予定です。市民のためになる政府開発は喜ばしいことですが、レールや空港改装のように、工事が始まっても、大幅遅れが不満となってしまうことも。そういえば、米国国際空港ランキングで「ダニエル井上国際空港」が最下位という結果…。観光第一産業の地として、故井上上院議員の名を汚さないハワイの玄関に期待したいのですが、あいにく工事は2021年末まで続く予定です。

観光業は去年比10%増。不動産中間価格は70万ドル後半に

8月の観光客は、去年比10%増で好調です。去年、キラウエア噴火で観光打撃を受けたハワイ島では18%増でした。今年はマウナケア山頂に建設予定の TMT(30メートル望遠鏡)問題が長引いています。独自の文化を大事にする先住ハワイアンは、自然も言語も商品化される怒りに溢れ、日曜日には2万人もの団結行進がワイキキでも行われ、旅行者を驚かせていました。大きな身体ながら、普段優しい地元民の強い訴えを聞いていると、世のためになる研究も、この大自然の地で進めてほしいと願います。

9月のオアフ不動産取引中間価格は、戸建て77万ドルと、80万ドル台突破から戻りましたが、取り引き数は増えました。低金利の間にと、地元・軍人需要は強いですね。また、高級物件投資家市場は停滞気味なので、買手市場です。非居住者には、管理の安全面からコンドが人気で、戸建に匹敵する良い物件在庫が増えています。ワードビレッジでは、7 棟目 350 戸の「ビクトリア・パーク」の建設許可が下り、年末から販売を開始します。8割は販売済みの「アアリイ」「コウラ」も予定道り建設中です。また、カカアコ地区の地元中間所得層向け「イリラニ」には、700件もの申し込みが殺到し、内200件が審査中と、3年後の引き渡し物件も競争中です。やはり街中の住居需要は強いです。現在、アラモアナホテルだけですが、ホテル予定もミッドタウンアラモアナには複数許可が出ております。お騒がせな市のバケレン規制条例は、ワイキキバニヤンなどの差し止め請求訴訟だけでなく、複数の団体から反対訴訟出され、ハワイ大学経済学者から 30ミリオンドル/月の損失をもたらすとの試算もされ、州政府含め意見混乱が訴訟判決の延長へ。ワイキキ内の売り出し物件も急増しましたが、現況規制内できちんと対応しながら様子見です。

全米不動産の価格上昇!カリフォルニア州投資もおすすめ

米国経済先行き懸念が騒がれるものの、第2四半期も全米不動産は1.49%で価格上昇。住宅高Top5の内、4位のホノルル以外は、全てカリフォルニア州の都市です。冬場は特に気候が良く、憧れの土地、限られた土地のハワイへの不動産投資家の注目が、景気良いカリフォルニアの長期滞在者から集まります。ちなみに、弊社は、ロサンゼルス、サンノゼに続き、ビバリーヒルズ店も開設しました!人口増、価格増が続くカリフォルニア州への投資もご相談ください。カンボジア不動産購入でも使える米ドルの世界通貨で所有するメリットは、長く国内だけに縛られていた日本の不動産オーナーの方にもっと知っていただきたいです。不動産もグローバル視点がますます重要になってくるでしょう。

スターツグループは、創立50周年を迎え、先日、東京で謝恩会を開催しました。世代を超え、家族ぐるみで、不動産や余暇事業と広く長くお付き合いいただいている皆様には、改めて心より感謝申し上げます。今後も皆様と共に、永続する管理業を米国でも大事にして参ります。

マハロ~!

2019年10月 15日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@startshawaii.com

Columnist's Profile

Management ExecutiveTamon Ikeda(Starts International Hawaii, Inc.)

高校時代から芸能活動を始め、明治大学入学直前にとんねるずの舎弟(当時は一応アイドル)となる。その後、大学を休学してオーストラリアに渡り、鉄板焼きシェフとして同国の永住権取得。大学を卒業後、全日空ビルディングに入社し、入社3年目にLAに赴任し商業不動産開発を手掛ける。1997年にLAからハワイに赴任し、ワイキキ商業ビル(当時のANAビル)の総責任者を10年勤める。現在、総合不動産会社、スターツハワイにて商業不動産の全般を担う、米国での不動産事業に25年携わる。

Starts International Hawaii, Inc.

1953 South Beretania Street, Suite PH-C, Honolulu, Hawaii 96826
TEL:
808-947-2280
FAX:
808-947-2292
EMAIL:
info@startshawaii.com

Starts International Hawaii, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES