毎日午前8時〜午後5時

太平洋航空博物館 パールハーバー

第二次世界大戦の舞台でもある太平洋航空博物館パールハーバーは、当時実際に使われていた格納庫を改造して誕生しました。

パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
零式艦上戦闘機21型
エアロンカ 65TCモデル
SBD-2ドーントレス
B-25Bミッチェル爆撃機
P-40Eウォーホーク
F-14Dトムキャット
F-15Aイーグル
SH-3Hシーキング
F-102A デルタ ダガー
■開館時間■
毎日午前8時〜午後5時

■入館料■
大人 ... $25
子供 (4〜12歳) ... $12
ハワイ在住者 & 軍関係者 大人 ... $15
ハワイ在住者 & 軍関係者 子供 (4~12歳) ... $10



2017年10月21日 (土) 10:00 am ~ 4:00 pm
ディスカバーユアフューチャー・イン・アビエーション


教育/仕事目的で航空機産業や航空宇宙産業に関心のある若 者に、情報やリソースを提供。この特別なイベントの8周年 を記念して、これらの業界で活躍するリーダー達の講演会、 航空や宇宙関係プログラムのある大学によるワークショップ、 パネル展示など。ラジコン飛行機のデモンストレーションやコックピットの試乗、体験型 の教育的アクティビティのブースなど、ファミリーで楽しめるアクティビティも用意され ている。博物館メンバー及び入館料支払い済みの来館者は、イベントの参加が無料

2017年12月2日 (土) 6:00 pm ~ 10:00 pm
フォーラブオブカントリー ~ビルディング・アワー・フューチャー~ 

博物館の修繕や教育プログラムの資金調達目的で開催される、 毎年恒例のガラパーティー。パーティーでは、カクテル、デ ィナー、エンターテイメント、オークションが楽しめるほか、 テッド・シーリー中尉の復元工房で復元されたばかりの機体を見学できる。ガラパーティ ーのインフォメーション、スポンサーテーブルやチケット情報は、808-441-1006、 Carol@PacificAviationMuseum.org(英語のみ)、または PacificAviationMuseum.org まで。

2017 年 12 月 6 日 (水) 7:00 am
ブラッケンドキャンテーン(黒こげの水筒)セレモニー 

太平洋航空博物館パールハーバーと零戦愛好会会長・菅野 広也博士の主催により、USS アリゾナ記念館で開催される 慰霊祭。この式典では、日米両国の犠牲者の魂に黙祷を捧 げ、平和と和解への思いを新たに、第二次世界大戦で殉職した米兵の遺品である黒こげの 水筒を使い、真珠湾の海に献酒する。参加は先着順で要予約。一般客のご予約は博物館イ ベントコーディネーターのギャリー・メイアー808-282-6570 まで。

2017 年 12 月 7 日 (木) 6:00 pm
パールハーバーメモリアルパレード 

豪華に装飾されたコブラ機とヒューイヘリコプターがフロー トやマーチングバンドに加わり、真珠湾攻撃生存者、退役兵、 そして現役兵士達とその家族に敬意を表しカラカウア通りを 行進する。この日は博物館から「トラベリング P-40」のマグネットが無料で配られる。 真珠湾攻撃の記念日に行われるこのパレードは、午後6時にワイキキのフォートデルッシ ーを出発し、カラカウア通りを通り、カピオラニ公園まで行進する。

2017年12月9日 (土) 6:00 am ~ 2:00 pm
パールハーバー・ユースデー 

子供から大人まで年齢を問わず参加できる体験型アクティ ビティを通じ、第二次世界大戦の遺産や教訓、パールハー バーの歴史を振り返るイベント。今年のテーマは 4 「Remembering the Pearl Harbor Child(リメンバリング・ザ・パールハーバー・チ ャイルド)」と題し、子供時代に戦時中のハワイに在住し、真珠湾攻撃を目撃した歴史の 生き証人に焦点を当てる。イベント参加者は、パネルディスカッションによる目撃談や体 験型アクティビティを通し、1940年代のハワイにおける若者や家族の生活を学ぶことが できる。アメリカンドール社は、著者ドリンダ・ニコルソンの実体験を元に書かれた本 “パールハーバーチャイルド”をテーマにした人形「ナネア」に関する学習アクティビティ や抽選を用意。ニコルソンは、真珠湾攻撃当時ハワイに住んでいた子供としての体験を、 何冊かの本にまとめて出版している。



飛行士ツアーに参加して、あなたもトップガンの仲間入り!
飛行士ツアー: 本館(格納庫37)、第二展示場(格納庫79)への日本語ガイド付きツアー

日本人ガイドが2つの格納庫をご案内し、太平洋における航空界の歴史のエピソードと共に、第二次世界大戦および朝鮮戦争、ベトナム戦争、冷戦で実際に使われた航空機をご紹介します。
飛行士ツアーでしか見学できない海軍大尉テッド・シーリー復元工房では、修復中の航空機を間近でご覧いただけます。


日本語の飛行士ツアーは事前のご予約をお勧めします。
ご予約/お問い合わせ : 808-441-1000 ・ToursJapan@PacificAviationMuseum.org
ツアー実施時間 : 午前10時〜午後3時30分
料金 : $10(入館料別)
ツアーの所要時間 : 1時間〜1時間半(ご希望に応じて調整可)


館内には、1940 年代の雰囲気に包まれたユニークなミュージアム・ストアとラニアケア・カフェがあります。
是非お立ち寄りください!


太平洋航空博物館パールハーバーは1941 年12 月7 日、真珠湾攻撃時に爆弾が落とされた、歴史的なフォードアイランドに位置している。
訪れた方は、あの日の出来事を同館のアイコンである、高さ158フィートの赤と白のフォードアイランド管制塔、格納庫37(本館)と79(第2展示場)、
そして格納庫79のガラス窓には当時の弾丸がまだ残って居る。格納庫37 には第二次世界大戦当時使われていた航空機などが展示され、
また格納庫79 では修復作業を待つ有名かつユニークな航空機が多数ある。

本館には、1940 年代の雰囲気に包まれたユニークなミュージアム・ストアとラニアケア・カフェがあり、ショッピングや食事も楽しめる。
詳細と申込みは、(808) 441-1000 またはウェブサイトwww.PacificAviation Museum.org/jp まで。

入場券とフライトシミュレーターの購入は、オンラインで可能。
日本語によるFacebook はwww.prod.facebook.com/PacificAviationMuseumPearlHarborJapan からアクセス可。

太平洋航空博物館パールハーバー(Hangars 37 & 79, 319 Lexington Boulevard, Ford Island,Pearl Harbor, Oahu, Hawaii 96818)は、
アメリカの内国歳入法(IRC)の501 条(c)号の第3 項に規定されている非営利団体。その使命は、フォードアイランドにおいて、国際的な航空博物館として認知されるための発展と保存。
そして、自由を守るために太平洋地域で戦った人達を全ての人達に伝え、太平洋航空の歴史を保存して行く事にある。