生活情報

拡大

法律無料相談(離婚問題)

ハワイ州離婚手続き
ハワイで離婚を申請するには、夫婦のどちらかが申請前にハワイ州に継続して6ヶ月以上居住していることが条件です。そして、ハワイでは No Fault Divorce といい、どちらかに非があったとしても、それは考慮されることはなく離婚は 成立します。離婚には「協議離婚」と「争議離婚」があります。協議離婚とは、夫婦間での話 し合いによって離婚することで、裁判所が必要とする事項(財産分与、親権、.養育費、慰謝 料、配偶者扶養手当てなど)について、夫婦間で合意があれば1〜2 ヶ月で決着はつきます。先ずは夫婦のどちらかが、離婚に必要なフォーム(Complaint for Divorce) を手に入れ、裁判所に離 婚申し立てをすることにより手続きが開始されます。例えば、[妻が離婚の申請をした場合、夫 は裁判所より妻からの難婚申し立てと召喚状(Summons) を受け取ります。それに対して夫は期 限内に返答する必要があります。
異議がなく双方の合意があれば、あとは裁判所からの結果を待つのみ。早い場合は、1~2ヶ月で 離婚は成立します。争議離婚は、上記の事項に合意がない場合をいいます。裁判所より離婚申 し立てと召喚状(Summons) を受け取った後、離婚申し立てに書かれている離婚の条件やその他 の事項などに、異謙がある場合には、必ず異謙申立て書を提出する必要があります。特に親権 について裁判で争うことが1 番多く、訪問権や養育費の決定も含め時間がかかります。また争 譲離婚になると決着がつくまで、不動産を含め自分のアセットを自由に売ることもできませ ん。両者が同意しない場合には、裁判が長引き2〜3年かかることも。自分の正当な権利を知り 主張するためにも、専門の弁設士を厖うことがスムーズな離婚には必要です。
ポランジ法律事務所
1(808)371-8910 日本語直通
#ハワイ弁護士
#弁護士
#ハワイ離婚
#慰謝料
#子供の親権
#子供の養育費
#チャイルドサポート
#財産分与
#日本語弁護士

  • 登録日 : 2021/01/02
  • 掲載日 : 2021/01/02
  • 変更日 : 2021/01/02
  • 総閲覧数 : 247 人