最新から全表示

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月13日(土)

    借金苦、チャプター7 (連邦倒産法第7章)

    借金苦、1人で悩まず専門家に相談を!
    Q : チャプター7 (連邦倒産法第7章)につて詳しく知りたい。
    Q : 破産法手続きの流れと費用は?
    Q : 現在使用している車を、破産手続き後も使用できますか?
    Q : 破産後、クレジットカードは使用できますか?
    Q : 破産後の銀行預貯金はどうなるのですか?
    Q : どの様な審査があるのか、英語があまり得意ではないので心配です。

    A : 先ずは、日本語でお問い合わせ下さい。「もっと早くに破産しておけば良かった」という経験談を多数お寄せ頂いております。
    (808)371-8910 日本語サポート番号
    lucypolanzi@gmail.com 日本語サポートメール
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street, Suite 23, Aiea
    無料駐車場あり。
    事務所は混み合っておりますので、予めお電話にてご確認下さい。
    アットホームな事務所ですので、安心して面談へお越し下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月15日(月)

    お問い合わせ急増中!Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)

    お問い合わせ急増中!Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)
    連邦破産法を検討している場合は、破産手続きにかかる全てのコストや破産後の影響、およびその他の金銭問題を考慮し、正しい破産方法を選択する事が非常に重要です。
    連邦破産法第7章は、債務者のクレジットカード、医療費、及びその他の無担保ビジネスや一般消費者の債権を、自宅や自家用車を失う事なく借金を排除する事も場合によっては可能です。日本人の方は破産手続きを恥じる習慣がありますが、破産手続きを申請することによって、差し迫った事態(自殺やホームレス、詐欺被害等)を回避できます。できる限り多くの資産を保持する為の最良の方法は、経験豊かな弁護士と協力して、破産手続きを慎重に計画することです。
    ハワイ州において、COVID-19 の影響で経済的な苦境に置かれている方は、当法律事務所の無料法律相談をご利用下さい。
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea HI
    (808)371-8910 日本語サポート番号

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月23日(火)

    借金苦 破産法 倒産 クレジットカードの返済苦 金銭問題

    お問い合わせ急増中!Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)
    連邦破産法を検討している場合は、破産手続きにかかる全てのコストや破産後の影響、およびその他の金銭問題を考慮し、正しい破産方法を選択する事が非常に重要です。
    連邦破産法第7章は、債務者のクレジットカード、医療費、及びその他の無担保ビジネスや一般消費者の債権を、自宅や自家用車を失う事なく借金を排除する事も場合によっては可能です。日本人の方は破産手続きを恥じる習慣がありますが、破産手続きを申請することによって、差し迫った事態(自殺やホームレス、詐欺被害等)を回避できます。できる限り多くの資産を保持する為の最良の方法は、経験豊かな弁護士と協力して、破産手続きを慎重に計画することです。
    ハワイ州において、COVID-19 の影響で経済的な苦境に置かれている方は、当法律事務所の無料法律相談をご利用下さい。
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea HI
    (808)371-8910 日本語サポート番号

    連邦破産法、無料相談実施中 2月末まで限定

    期限
    2月末まで
    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月26日(金)

    Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)

    Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)
    もっと早くに破産しておけば良かった! という経験談を多数お寄せ頂いております。
    [クレイグ弁護士に聞きました]
    連邦破産法を検討している場合は、破産手続きにかかる全てのコストや破産後の影響、およびその他の金銭問題を考慮し、正しい破産方法を選択する事が非常に重要です。
    連邦破産法第7章は、債務者のクレジットカード、医療費、及びその他の無担保ビジネスや一般消費者の債権を、自宅や自家用車を失う事なく借金を排除する事も場合によっては可能です。日本人の方は破産手続きを恥じる習慣がありますが、破産手続きを申請することによって、差し迫った事態(自殺やホームレス、詐欺被害等)を回避できます。できる限り多くの資産を保持する為の最良の方法は、経験豊かな弁護士と協力して、破産手続きを慎重に計画することです。
    ハワイ州において、COVID-19 の影響で経済的な苦境に置かれている方は、当法律事務所の無料法律相談をご利用下さい。
    記事監修 クレイグ W ポランジ弁護士
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea HI
    (808)371-8910 日本語サポート番号

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2021年02月27日(土)

    国際離婚。子供との日本移住は要注意!

    国際離婚。子供との日本移住には注意が必要です!
    ハワイで年々増える国際離婚 もめる事なく、スムーズに進める方法とは?
    クレイグ弁護士 :
    「迷っているうちはカウンセラーヘ。決心したら離婚専門の弁護士へ」
    ハワイでも日本人の関わる国際離婚が増え、相談者件数も増加しています。ハワイ州における離婚の流れを説明する前に、時間的にも費用的にもスムーズに進めるためにまず大切なことは1 つ。確固とした「離婚の決意」です。「離婚したいが決心がつかない」「離婚を切り出されたが、離婚したくない」などといった迷いがある時は、まずは専門の結婚カウンセラーにご相談ください。迷っている段階で離婚弁護士を訪れても、時間とお金だけがかかり前には進みません。 そして離婚を決意したら、必ず専門の弁護士に相談してください。裁判所や相手側との書類のやりとりなどは、専門用語が多いため、理解をせずにサインをしてしまったら、大変なことに なるからです。慰謝料や子供の養育費等の承諾書を正式な書面で残して、双方で取り決めた約束事をきっちり互いに守り、後々養育費が受け取れないというようなトラブルを未然に回避するには専門家の助けが必要です。子供を連れて日本への帰国を希望する場合は、ハーグ条約を考慮する必要がありますので、後に重大な問題(誘拐罪等に問われる)に発展しないよう、必ず専門の弁護士に対処してもらいましょう。
    尚、ハワイ州での離婚手続きには、最低6ヶ月間ハワイ州に「継続して在住」していなければなりません。別居中に長期間日本へ滞在していた場合は、離婚届を直ぐに提出できない場合があります。詳しくは家庭法弁護士へお問い合わせ下さい。
    記事監修 クレイグ W ポランジ弁護士
    クレイグポランジ法律事務所
    (808)371-8910 日本語でお気軽に。当webサイトのメッセージ機能が正常に機能していない事が多々ありますので、お電話にて直接お問い合わせ下さい。
    #離婚無料相談
    #国際離婚
    #離婚
    #ハワイ弁護士
    #ハワイ離婚弁護士
    #慰謝料
    #養育費
    #子供の親権
    #ハーグ条約

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月11日(木)

    モラハラ、DV、浮気、離婚問題

    ハワイ州での離婚には、正しい知識と情報が大切です! 家庭内暴力、モラハラなどのDV、結婚相手の浮気、散財、性格の不一致等で離婚をお考えの方。離婚専門の経験豊富な弁護士があなたの味方となり、あなたの正当な権利を守ります。先ずは日本語でお問い合わせ下さい。
    (808)371-8910 日本語専用ダイアル
    ポランジ法律事務所
    #離婚 #ハワイ州離婚 #離婚弁護士 #日本語弁護士 #モラハラ #浮気 #慰謝料 #子供の親権 #子供の養育費 #DV #家庭内暴力

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月12日(金)

    離婚弁護士

    ハワイ州離婚で最も多い質問です。
    Q : 国際結婚ですが、離婚をして日本に帰りたいです。子供を連れて日本で暮らせますか?
    Q : 子供の養育費はいくら請求できるのでしょうか?
    Q : 離婚に伴い、米軍兵の夫からリタイアメントを請求できますか?
    Q : 子供の親権は、どの様に決めるのですか?
    Q : 専業主婦ですが、離婚後はどうやって生活できるのか、検討がつきません。
    Q : DVから逃れたいです。英語があまり得意ではないので、対応の仕方が分からず不安です。
    先ずは、離婚専門弁護士へご相談ください。
    (808)371-8910 日本語専用電話番号
    土日も対応可能です。
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha St. Suite 23, Aiea
    無料駐車場あり。
    事務所は混み合っておりますので、必ずお電話にてご予約の上、面談へお越し下さい。

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2021年02月26日(金)

    不倫、モラハラ、意見の相違、親権、子供と日本へ移住。離婚問題を解決して人生をリセット!

    不倫、モラハラ、意見の相違。離婚問題を解決して人生をリセット!
    離婚問題のご相談は、当事務所まで日本語でお問い合わせ下さい。
    ・子供の親権
    ・子供の養育費の金額を知りたい
    ・慰謝料を請求したい
    ・財産分与
    ・子供と日本へ戻りたい
    ・接近禁止命令を申請したい
    ・養育費の金額を変更したい
    ・費用を抑えて離婚したい
    ポランジ法律事務所
    (808)371-8910 日本語でお気軽にお問い合わせ下さい。
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea HI
    事務所は混み合っております。予めご予約の上、面談へお越し下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年02月27日(土)

    破産手続き相談

    破産手続き
    コロナ禍の影響を大きく受けたハワイ州ビジネス。借金の返済に見通しが立たなくなった場合には、今現在抱かえている負債を、破産法を利用し清算する方法があります。
    一人で悩まずに、専門家に相談しましょう。
    クレイグポランジ法律事務所
    クレイグ W ポランジ弁護士
    (808)371-8910 日本語専用番号
    相談が必要な方へは、無料でお問い合わせを承ります。
    当webサイトのメッセージ送信機能に問題がある場合が多いので、お電話にて直接お問い合わせ下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月12日(金)

    離婚証明書? 離婚弁護士に聞きました

    クレイグ弁護士 : この様なメッセージをよく受け取ります⬇️

    質問内容: 「Divorce Decree のドラフトを離婚相手から受け取りました。何が書いてあるのか、全く理解できません」

    クレイグ弁護士 : 言葉の壁、ハワイ州での離婚の難しさ、法律用語の難解さ。

    厳しい現実に直面する瞬間です。

    Divorce Decree とは「離婚証明書」と翻訳できます。 

    離婚証明書に記載されている内容が、あなたの離婚内容の全容です。

    意味が分からないままサインをすると、大変なことになります。

    離婚成立後は、離婚証明書を承認した裁判所の決定に従う事になりますので、離婚証明書の内容を厳守する事になります。

    ですので、自分の意思とは違う内容に間違ってサインしてしまった場合は、大変な事になります。

    離婚相手から、又は、離婚相手の弁護士から書類が送られてきた場合は、必ずハワイ州離婚専門家に相談する必要があります。

    書類の種類によっては、20日以内に返答する必要があるものもあります。

    法律用語に詳しい通訳者が、親切丁寧にあなたの書類について弁護士と共に解説致します。

    ポランジ法律事務所
    法律用語に詳しい日本語サポートスタッフに、先ずは連絡を!
    面談はお電話にてご予約下さい。
    (808)371-8910 日本語専用番号
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea 
    事務所は混み合っていますので、予めお電話にてご予約下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月15日(月)

    離婚専門弁護士にお任せ下さい!

    ハワイ州離婚の重要なポイントは?

    ・協議離婚と争議離婚の違いを理解する

    ・子供の親権の取り決め

    ・接見権の取り決め

    ・子供の養育費の取り決め

    ・財産分与

    ・結婚中の借金問題

    ・慰謝料請求

    ・ハーグ条約と子供との日本移住問題

    ・離婚後の名前

    ・接近禁止命令申請

    ハワイ州離婚専門家にお任せ下さい。

    クレイグ W ポランジ
    ポランジ法律事務所
    (808)371-8910
    日本語専用番号

    完全予約制

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月15日(月)

    離婚には正しい知識と情報が大切です!

    ハワイ州での離婚には、正しい知識と情報が大切です! 
    家庭内暴力、モラハラなどのDV、結婚相手の浮気、散財、結婚中の借金問題、性格の不一致等で離婚をお考えの方。
    離婚専門の経験豊富な弁護士があなたの味方となり、あなたの権利を守ります。
    ハワイ州の離婚手続きは、計画的に慎重に進める必要がありますので、先ずは日本語でお問い合わせ下さい。
    (808)371-8910 日本語専用ダイアル
    ポランジ法律事務所
    完全予約制
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea, HI

    #離婚 #ハワイ州離婚 #離婚弁護士 #日本語弁護士 #モラハラ #浮気 #慰謝料 #子供の親権 #子供の養育費 #DV #家庭内暴力 #接近禁止命令申請

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2021年03月15日(月)

    なぜ離婚問題に弁護士が必要?

    後悔しない離婚のために必要な知識や法律を分かりやすくアドバイスし、安心して新しい人生の再出発を送れるようサポートさせて頂きます。
    なぜ離婚問題に弁護士が必要なのでしょうか? それは、慰謝料や子供の養育費等の承諾書を正式な書面で残しておかないと、双方で取り決めたはずの約束事を途中で一方的に打ち切られてしまったり、法的意味が無いために慰謝料や養育費を一銭も受け取れなかった、というようなトラブルを未然に回避出来るメリットがあるからです。 慰謝料や養育費の請求、離婚手続きなどの大変面倒で複雑な手続きに一貫して対応できるのは弁護士だけです。
    あなたの代理人となり、弁護人として依頼出来るのも弁護士だけです。
    先ずは日本語でお問い合わせ下さい。
    ポランジ法律事務所 (離婚専門)
    お電話にてお問合せお待ちしております。
    (808)371-8910 日本語直通
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea, HI 96701
    #離婚 #ハワイ離婚 #弁護士 #ハワイ弁護士 #養育費 #慰謝料 #子供親権 #財産分与 #人生再出発 #ハワイ州離婚の複雑な手続き

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2021年03月16日(火)

    離婚問題でお困りですか?

    離婚問題でお困りの方、専門家のアドバイスを受けましょう。
    複雑難解な離婚に関する法律用語を、日本語で丁寧に解説致します。
    子供の親権、子供の養育費、慰謝料請求、財産分与、子供との日本移住問題、協議離婚と争議離婚の意味、接近禁止命令申請等。
    家族経営のアットホームな法律事務所です。
    先ずはお電話にてご連絡下さい。
    (808)371-8910日本語専用ダイアル
    クレイグ W ポランジ弁護士
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street, Suite 23, Aiea
    無料駐車場あり
    完全予約制

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月17日(水)

    離婚で最も多い質問

    クレイグ弁護士に聞きました。

    Q : 国際結婚ですが、離婚をして日本に帰りたいです。子供を連れて日本で暮らせますか?
    クレイグ弁護士 : ハーグ条約を考慮する必要があります。重大な問題に発展する可能性もありますので、必ず専門家に対応してもらいましょう。

    Q : 子供の養育費はいくら請求できるのでしょうか?
    クレイグ弁護士 : ハワイ州の法律に基づいた算出方法があります。日頃から家計に関する情報を把握しておくと、いざという時に自分の権利を守れます。

    Q : 離婚に伴い、米軍兵の夫からリタイアメントを請求できますか?
    クレイグ弁護士 : 離婚する相手が米軍からどの様な報酬を得ているのか、日頃から把握しておく必要があります。弁護士との面談時に、速やかに情報を共有できるよう準備しておきましょう。

    Q : 子供の親権は、どの様に決めるのですか?
    クレイグ弁護士 : 子供の年齢、数、離婚する双方の収入額により、ケースバイケースです。専門家の意見を聞いて、自分の正当な権利を知りましょう。

    Q : 専業主婦ですが、離婚後はどうやって生活できるのか、検討がつきません。
    クレイグ弁護士 : 結婚年数により、又、離婚相手の収入額を考慮して、慰謝料が請求できる可能性もあります。

    Q : DVから逃れたいです。英語があまり得意ではないので、対応の仕方が分からず不安です。
    クレイグ弁護士 : 最近とても多い質問です。コロナ禍により、経済的、精神的なストレスからDVが多発しています。 対処方法をアドバイスしますので、先ずは専門家に連絡しましょう。

    離婚専門弁護士へご相談下さい。 家族経営のアットホームな法律事務所です。家庭法に詳しい日本人スタッフが、難しい法律用語を優しく解説致します。

    (808)371-8910 日本語専用電話番号
    土日も対応可能です。
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha St. Suite 23, Aiea
    無料駐車場あり。

    事務所は混み合っておりますので、必ずお電話にてご予約の上、面談へお越し下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月18日(木)

    破産法 悩まず専門家に相談を!

    借金苦、1人で悩まず専門家に相談を!
    Q : チャプター7 (連邦倒産法第7章)につて詳しく知りたい。
    Q : 破産法手続きの流れと費用は?
    Q : 現在使用している車を、破産手続き後も使用できますか?
    Q : 破産後、クレジットカードは使用できますか?
    Q : 破産後の銀行預貯金はどうなるのですか?
    Q : どの様な審査があるのか、英語があまり得意ではないので心配です。

    A : 先ずは、日本語でお問い合わせ下さい。「もっと早くに破産しておけば良かった」という経験談を多数お寄せ頂いております。
    (808)371-8910 日本語サポート番号
    llucyconquest614@gmail.com 日本語サポートメール
    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street, Suite 23, Aiea
    無料駐車場あり。
    事務所は混み合っておりますので、予めお電話にてご確認下さい。
    家族経営のアットホームな事務所ですので、安心して面談へお越し下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月20日(土)

    離婚の重要ポイント

    ハワイ州離婚の重要なポイントは?

    ・協議離婚と争議離婚の違いを理解する

    ・子供の親権の取り決め

    ・接見権の取り決め

    ・子供の養育費の取り決め

    ・財産分与

    ・結婚中の借金問題

    ・慰謝料請求

    ・ハーグ条約と子供との日本移住問題

    ・離婚後の名前

    ・接近禁止命令申請

    ハワイ州離婚専門家にお任せ下さい!
    家族経営のアットホームな法律事務所です。離婚の法律用語に詳しい通訳者が在籍していますので、ご質問等日本語でお問い合わせ下さい。

    クレイグ W ポランジ
    ポランジ法律事務所
    (808)371-8910 日本語専用番号
    完全予約制
    事務所は大変混み合っていますので、お電話にてご予約の上面談へお越し下さい。

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2021年03月21日(日)

    離婚問題 一人で抱え込まずに、専門家に相談を。

    離婚には避けがたい苦痛やストレスが伴い、あなたと家族にのし掛かります。
    一人で抱え込まずに、ポランジ法律事務所にご相談ください。
    ポランジ法律事務所は、家族経営のアットホームな法律事務所です。離婚問題を効果的かつ効率的に解決するため、豊富な知識と経験を持つサポートチームがあなたの立場に立ち、最善の解決策を講じてあなたを弁護いたします。
    難しい書類も、家庭法に精通した日本語スタッフが分かりやすく説明いたします。
    * ハワイ州離婚弁護/手続き全般
    * 子供の親権
    * 子供の養育費
    * 慰謝料請求
    * 財産分与
    * 子供との日本への移住手続き
    * 接近禁止命令手続き
    * 未払いの養育費請求
    * 養育費の金額変更
    * 協議離婚(ハワイ州全島対応)
    * 争議離婚(オアフ島のみ)
    * 離婚仲介
    * 離婚証明書の書き換え手続き
    * 名字変更
    * 公証手続き
    * ハワイ州破産法:破産法第7章
    * 婚前契約書制作/弁護
    * 結婚後の契約書制作/弁護
    面談は完全予約制ですので、お電話にてお問い合わせ下さい。
    (808)371-8910 日本語直通番号

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月21日(日)

    お問い合わせ急増中!Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)

    お問い合わせ急増中!Chapter 7 Bankruptcy (連邦破産法第7章)
    連邦破産法を検討している場合は、破産手続きにかかる全てのコストや破産後の影響、およびその他の金銭問題を考慮し、正しい破産方法を選択する事が非常に重要です。
    連邦破産法第7章は、債務者のクレジットカード、医療費、及びその他の無担保ビジネスや一般消費者の債権を、自宅や自家用車を失う事なく借金を排除する事も場合によっては可能です。日本人の方は破産手続きを恥じる習慣がありますが、破産手続きを申請することによって、差し迫った事態(自殺やホームレス、詐欺被害等)を回避できます。できる限り多くの資産を保持する為の最良の方法は、経験豊かな弁護士と協力して、破産手続きを慎重に計画することです。
    難しい書類も、破産法に精通した日本語スタッフが分かりやすく説明いたします。
    クレイグ・ポランジ弁護士は敬虔なクリスチャンでもあります。あなたの経済状況の複雑さに関係なく、ジャッジすることなく、慈悲の心を持って優しく丁寧に、あなたが最善の方法で破産できるよう導きます。

    ポランジ法律事務所
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea HI
    (808)371-8910 日本語サポート番号
    完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上面談へお越し下さい。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月22日(月)

    離婚問題を解決して人生をリセット

    不倫、モラハラ、意見の相違.... 離婚問題を解決して人生をリセット!
    ハワイ州離婚問題のご相談は、当事務所まで日本語でお問い合わせ下さい。
    ・子供の親権
    ・子供の養育費の金額を知りたい
    ・慰謝料を請求可能か調べたい
    ・財産分与の法的見解
    ・子供と日本へ移住したい
    ・接近禁止命令を申請したい
    ・既に支払われている養育費の金額を変更したい
    ・費用を抑えて離婚したい

    離婚問題 一人で抱え込まず専門家に相談を!
    離婚には避けがたい苦痛やストレスが伴い、あなたと家族にのし掛かります。
    一人で抱え込まずに、ポランジ法律事務所にご相談ください。
    ポランジ法律事務所は、家族経営のアットホームな法律事務所です。離婚問題を効果的かつ効率的に解決するため、豊富な知識と経験を持つサポートチームがあなたの立場に立ち、最善の解決策を講じてあなたを弁護いたします。
    難しい書類も、家庭法に精通した日本語スタッフが分かりやすく説明いたします。
    ポランジ法律事務所
    (808)371-8910 日本語直通番号
    98-030 Hekaha Street Suite 23, Aiea HI
    完全予約制ですので、予めお電話にてご予約の上、面談へお越し下さい。